北九州市八幡東区宮の町にある蓮の寺、浄土真宗本願寺派 廣照山 慈光寺の光慈くんのブログです。

慈光寺の場所? お問い合わせ 浄土真宗本願寺派 廣照山 慈光寺│蓮の寺がつづる日常─光慈くんのブログ
ここでクリア

落語の中の仏教 最終回

Comment : 0
ここでクリア

今年の常例のテーマは落語。

宗教学者で浄土真宗の僧侶でもある

釈徹宗氏 に刺激されて

挑戦してきました。

九回目で一応の締め。

やはりトリはこの方しかおりまっせん。

人間国宝 桂米朝

演目はもちろん 百年目

 

a-DSC02097

 

師匠六十代の高座を

ご門徒と鑑賞。

スキのない、しかし

リラックスして聞ける高座。

参拝者から

さすが!の声も。

百年目は

ご存じ 大阪 船場の商家が舞台。

近江商人が

御堂の鐘の聞こえる場所で

商売がしたいと集った場所が

この船場。

いまでも

南御堂 のとなりには

浄土真宗門徒で近江商人の

伊藤忠兵衛が創業した

伊藤忠商事の会館があるそうです。

なんといっても

この落語で

有名な話は 赤栴檀と南縁草。

 

a-DSC02101

 

一軒の主を旦那という訳は、天竺(てんじく)の
赤栴檀 と 南縁草 の関係から来たと。
素晴らしい赤栴檀の根元に、

南縁草という汚い草が生えていた。
これを見て、この草を取り去れば

より赤栴檀が、引き立つに違い無いと思い、

そうしたところ、

一晩のうちに赤栴檀が枯れてしまった。

調べて見ると、

栴檀は南縁草を肥やしにし、

南縁草は栴檀からの露で育っていた事が分かった。

栴檀が育つと、南縁草も育つ。

持ちつ持たれつ

栴檀の「だん」と

南縁草の「なん」を取って「だんなん」。
そこから、「旦那」になったというのです。

大店の主人は、番頭に、自分と お前も

栴檀と南縁草だ。

自分も露を、お前に下している。

またお前も私を養ってくれている。

そして店では、

今度はお前が栴檀で、店の者が南縁草だと。

店の南縁草にも少し露を降ろしてやってくれと。

実際は旦那=檀那。

サンスクリット語のダーナの音写が正解。

ダーナは

「与える」、「贈る」という意味で

「布施」とも漢訳されています。

それはそれとして、

この落語の説明は、

語源的には、間違いなんでしょうが、

なんだかいいですね~

最後に演目について。

 

a-DSC02102

 

この言い回し。

慣用句となっております。

盲亀の浮木 も

優曇華の華 

出拠は仏典。

このことを味わって

今回の講座は一応終了。

ところで

はからずも

NHK Eテレ で

今月から 落語でブッダ 第二弾が放送開始しました。

総代さんが

「住職の企画をNHKがぱくった!」

とおっしゃってましたが

事実は 釈先生の手法を

住職がパクったのでした。

こちらもどうぞ ご覧ください。

 

61s98pG2fAL__SL500_AA300_

 

恒例の誕生会も実施。

今回は男性二人。

Iさん Nさん

おめでとうございます~

 

a-DSC02104

 

今年の誕生プレゼントは

光慈くんのマグカップ でした

 

 a-IMG_20131127_224615

 

 

12月はお休みですから

今回で終了。

来年のプレゼント企画。

いま 悩んでいます~ (-_-)

 

おっと この場をかりて御礼も一言

一年間常例の開始を知らせる

喚鐘をたたいてくださった

S総代さん

有り難うございました。

 

a-IMG_20131128_133223

ここでクリア

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここでクリア