北九州市八幡東区宮の町にある蓮の寺、浄土真宗本願寺派 廣照山 慈光寺の光慈くんのブログです。

慈光寺の場所? お問い合わせ 浄土真宗本願寺派 廣照山 慈光寺│蓮の寺がつづる日常─光慈くんのブログ
ここでクリア

今年の常例 テーマは「落語」

Comment : 0
ここでクリア

昨今、マスコミにも登場し、多方面で活躍中の宗教学者 釈徹宗師

本願寺から『おてらくご』という本を数年前に出版して評判になりました。

実は彼、住職と大学時代の同窓らしい…。かなり差がついてしまいましたが (^^;)

51gLY+ohaML__SS500_

落語のルーツは仏教の説教。

仏教を知れば落語がもっと楽しめると彼はいう。

彼に刺激をうけて

無謀にも今年の常例は落語と仏教をテーマに設定。

第1回は ご存じ 寿限無 で開講しました。

柳家喬太郎師匠の高座を 120インチの大画面で楽しんだ後

住職の解説。

まずは好評で一度目は終了。

さて、今月は 桂枝雀の登場です。

演目は・・・

a-002枝雀

大阪にある和光寺が舞台。

長野の善光寺とも縁が深いこのお寺。

尼さんが住職をつとめるのが伝統。

この落語にはどんな仏教テイストがあるのか?

ちょっと

慈光寺住職の講話ネタ帳を

のぞいてみましょうか~

 

二月阿弥陀池資料

 

a-DSC00580

 

来月は仏教子ども会開催で 一回お休み。

四月の常例。どんな落語を楽しめるか。請うご期待あれ!

ここでクリア

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ここでクリア