北九州市八幡東区宮の町にある蓮の寺、浄土真宗本願寺派 廣照山 慈光寺の光慈くんのブログです。

慈光寺の場所? お問い合わせ 浄土真宗本願寺派 廣照山 慈光寺│蓮の寺がつづる日常─光慈くんのブログ
ここでクリア

市民センターから遺跡見学へ

市民センターから遺跡見学へ はコメントを受け付けていません
ここでクリア

地元の

槻田市民センターが企画した

楽しく小径さんぽ

 

 

コースの最後に

慈光寺が選ばれました。

お寺と遺跡の見学に

30名弱の皆さんが来寺。

 

 

感染予防対策で

入り口にて 手指消毒を実施。

 

 

あいにく、住職は法事で不在。

総代長のN師が

慈光寺の沿革について説明を。

 

 

遺跡の展示物の見学と

裏の石庭も見て頂きました。

 

 

参加者の中に

ご門徒のAさんの姿が。

 

 

コロナ禍の中、

少しずつ 

人が集う場が戻ってきました。(^o^)

ここでクリア

遺跡の見学に

遺跡の見学に はコメントを受け付けていません
ここでクリア

関門ゆうゆう会?という

同好会の方々18名が

宮ノ下遺跡の見学にこられました。

 

 

まずはじめに

住職より簡単な遺跡の説明を。

資料を二部配付。

 

 

 

熱心に読んでおられました (^o^)

 

 

展示してある お寺の談話室にご案内。

六年前の

発掘調査の様子を撮った写真も

 

 

並べました。

 

 

 

 

30分弱の滞在。

コロナのこともあるので

手指消毒非接触体温計での検温も

実施しました。

 

 

念には念を・・・。

ここでクリア

埋蔵品のお骨

Comment : 0
ここでクリア

宮ノ下遺跡

四人の埋葬墓が発見されて早や一年と半年。

 

a-DSC03426

 

a-DSC03424

 

骨の鑑定を依頼していた

下関市の土井ヶ浜ミュージアム

学芸員の宇野先生と来訪。

 

a-IMG_5336

 

四つの墳墓のうち、

一つは骨がみつからず

残りの三つから三体分のお骨を確認とのこと。

一人は三歳くらいの子供。

残りは成人男性らしいです。

今から三百年ほどまえ

約30年間の間に埋葬されたと推定。

ちょうど慈光寺が八幡東区清田?の場所から

現住所へ移転した頃。

宇野先生がおっしゃるには

「慈光寺五代目住職 釋順南師など

お寺の関係者が埋葬された可能性が高い」と。

土井ヶ浜ミュージアムは

弥生時代の埋葬跡が発見された場所。

 

a-doi666

 

なんと300体以上のお骨ヺ発掘。

保存状態もおどろくほど完璧 (゜o゜;

学芸員の高椋先生が

ミュージアムを案内してくださいました。

 

a-IMG_5340

 

すごかった~

いつが 御門徒と一緒に訪ねてみたい場所です!

三体のお骨は慈光寺へ持ち帰り

いまは本堂余間に安置。

 

a-IMG_5342

 

後日、納骨堂に納めたいと思います。

ここでクリア
ここでクリア