北九州市八幡東区宮の町にある蓮の寺、浄土真宗本願寺派 廣照山 慈光寺の光慈くんのブログです。

慈光寺の場所? お問い合わせ 浄土真宗本願寺派 廣照山 慈光寺│蓮の寺がつづる日常─光慈くんのブログ
ここでクリア

盆法要2018

盆法要2018 はコメントを受け付けていません。
ここでクリア

今年のお盆から 

本尊前は椅子席に。

 

 

立って焼香も可能にしました。

総代さんや婦人会の役員さんが

お盆の期間、

交代で本堂の受付に座ってくださいました。

しばし、昼食中・・・。

 

 

本堂には

ほうずき と 光慈くん煎餅を準備。

 

 

子どもたちだけでなく

大人の人にも好評だった煎餅 (^^)

さあ、いよいよ午後から

盆法座。

お手伝いをしてくれた

長男や甥っ子たちも一緒に勤行。

 

 

その後、

今年も 住職が一席法話。

 

 

「去来現」という

時間の流れについて

お取り次ぎをしました。

三時から

納骨堂にて読経。

住職が第一納骨堂。

長男が第二納骨堂へ。

 

 

これにて

今年の盆法座はご満座。

みなさん、

有り難うございました <(_ _)>

ここでクリア

お盆の準備会2018

お盆の準備会2018 はコメントを受け付けていません。
ここでクリア

八月のおみがき講

もちろん お盆の準備会。

内陣の打敷や貼り菓子、

 

 

 

燈提や灯籠の準備です。

 

 

燈提をぶら下げる

針金を設置して

 

 

ごらんの通り見事に完成。

 

 

境内地の清掃も。

ゴミもかなりでたとか。

 

 

今年最後であろう

妙蓮

 

 

まだまだ元気です~。

みなさま 暑い中、

有り難うございました <(_ _)>

ここでクリア

染二師匠&住職 プチ対談

染二師匠&住職 プチ対談 はコメントを受け付けていません。
ここでクリア

二席目は

古典落語「子別れ」

人情噺で 涙ぐむ人と…。

高座終了後、

「落語の中の仏教」と題して

住職と師匠の

プチ対談をやりました (^o^)

 

 

前席の阿弥陀池。

落ちは

「阿弥陀が行け(池)」ですが

仏教では

阿弥陀様は来い  

お釈迦がいけ!だと説明。

 

 

子別れに登場する

「玄翁(げんのう)」と「かすがい」

大工さんから本物を借りてきて

みなさんに披露しました~

 

 

玄翁ってお坊さんの名前だった!ということも紹介。

たのしい プチ対談となりました。

最後に

坊守から花束贈呈。

 

 

続いて

本堂で

お待ちかねの 餅まき

 

 

子どもたちも

かけつけました (^_^)

終了は午後四時。

スタッフの皆さん、

お疲れ様。

染二師匠と

ハイ、ポーズ!

 

ここでクリア
ここでクリア